こんにちわ、ITマスターです!

今日はちょっと技術的な話を。

Windwos server 2003から搭載されたVSS(ボリュームシャドーコピーサービス)ですが、あらかじめ決められていた容量を差分ファイルが超えるとき、本来なら一番古いものから削除されるのですが、その際にVSS保存全領域を削除してしまう時があるようで、これの回避策としては、保存先を別ボリュームにするか、保存容量を大きめにとるかしかないらしいです。

要するにここに関する修正パッチは出ないということらしいですね。

なら、server 2008から始まったイメージバックアップであるwindows server バックアップはそもそもVSSを利用したアプリなので、大丈夫なの?と・・。改善されているのかどうかの確認が必要ですね。