2011年07月23日

国民にとっての大事な電気を…

長い長い年月、人間は生活を営んできた。しかし、1000年に1度といわれる阪神大震災を機に今回の津波。そして原発節電騒ぎ。

地震については、この地震活動期に生まれたのだから、運が悪かったと思うしかない。

しかし、この時代に生まれたからこそ、私はITと出会えた。そのITに携わっているものとして、どうしても許せないことがある。

嘘による節電だ。悔しくて仕方が無い。

なにが?

ここからが今日の本題。
日本は資源が乏しいため、製造で成り立ってきた国だ。現代では電気で機械を動かして物を造る。

その製造業のベースがあって、私達ITもサポート的意味合いで活躍ができる。

その製造業も実は大手の力というより、実際支えているのは中小企業だ。
私達の会社も中小だし、私達のお客さんも中小企業だ。

中小企業という言葉を連発したのには理由がある。日本での全企業の中で、中小企業の割合は99%を占める。その中で小企業は87%を占めるのだ。

小企業。そこではみなさんフルフルで頑張って生活と国を支えているのだ。
そこに電気は絶対必要。

そんな大事な電気について嘘がまかり通っている。

自然災害は仕方ないが、人的災害は頭にくる。そう、原発止まってるから節電…の騒ぎである。

こんな嘘のために、中小企業は稼働率を下げる方向に持っていかれ、潰れて行く。

そして景気が悪化すると、その方達をサポートする立場である私たちも、非常に厳しくなる。

一部の馬鹿な誘導をする者たちによって、世の中が騙され、それにより不幸になる人間がかなり出てくる…私たちもその1人だろう。

下記にとあるブログで書かれた内容を紹介する。
私も少々調べてみたが、事実のようだ。

皆さん、これを読んで正確な判断をして、不孝な連鎖を止めて欲しい。


以下抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 3.11震災の後、関西のTVニュースで「関西電力の原発比率は51%で東電よりも原発依存度が高い!!」と言っていたが、設備能力で28%の原発が51%の発電をしているということは、その分、水力、火力の稼働率を落としているということ。

 関電は数字の上ではウソは言っていないのだろうが、東電と同じで原発依存度が高いから原発を止めると電気が足りなくなると思わせたいのだろう。

 普通に考えたら、知らない間に原発依存率が上がって、51%にもなっているから「もう原発を止めたら、節電率49%って、そんなのは無理だ!」って思う人が普通だろう。

関電の嘘のシナリオに踊らされてはならない。
この事実を、インターネット環境を持たず、
テレビやラジオしか情報源のない人達にも拡散して
脱原発への理解・賛同を促していこう。

参考ブログ
http://spn.blogs.yahoo.co.jp/mxx941/4808240.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はい。みなさん、どう思われますか?
私は原発廃止論者ではない。原発しかないなら、いかに安全に運用するかだけだ。しかし実は水力火力を動かせば、節電は必要ないんだとなれば、話は変わる。

コストを考えてのことなのかどうかはわからないが、それだけの理由で、節電させ原発を認めさせようというのは、あまりにも自分たちだけのことを考えている。先に述べたように、それによって国民の大多数の人生が左右、いや、不幸になるからだ。

原発云々の前に、やはり電気発電送電業界の独占販売を潰して、自由化しないといけないと私も思う。でなければ今回のように、電気を使わせなくして不自由さを押しつける今回のようなやりたい放題を可能にし、全国民が不幸になる・・・そう思います。

non_alcohol_bar13:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ニュースネタ | cafeでの語り

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト