2012年04月22日

それでいいのか!!我が国トップアスリートに資金援助足りない・・・そんな国

はい、どうも。ITマスターです。

今日はちょっと怒ってます(笑)

というのも、前々からの問題ではあったのだけれど・・・。
やっとの思いで日本のトップアスリートになり、いざオリンピック、パラリンピックに行けるとなった時に、その旅費経費やその他経費がなく、中にはヌードになっている方さえいるこの現状。

仕事をしない天下り達を贅沢させる金があるなら・・・と思いませんか?

今、言われている消費税云々にしても、無駄を徹底的に省くなんて単なるパフォーマンスであり、全く出来ていない。そして国民が老後を不安視していることを利用し、いかにも老後福祉の為と言わんばかりに消費税を集めようとしている。

国が国民を馬鹿にしている証拠だと思いますね。

また、先のアスリートヌードに関しては、バンキシャの番組のコメンテーターが、「ヌードになってまで経費資金を集めなければならない涙ぐましいことと思わずに、本人も周りもそれを楽しむべきでは?」みたいなことを言っていた。こいつは馬鹿か?じゃあ、お前ならそうするのかよ。お前の娘がいざ同状況になったとき、そういえるのかよ!

だが、このようなことを私が発しても、この手の発言に対して冷めたことをいう人たちがいる。
例えば、そうですね、カッコつけてるのか分かりませんが、「正論やねえ」とだけ言う人もいる。確かに、言うだけでは何も変わらない。

だが、自身に関することは自身で何とでも出来る自負がある自分としては、今回の様な自分一人ではなんともならないことに対し、まずは声を上げることからじゃないか!それが、まず、大事なのではないか?と思うのだ。

逆に声をあげても何かが変えれるわけじゃないし・・みたいな、クールさがカッコいいと勘違いしている人に限って、実際は不満だらけなのに、何も策を練らず努力しないタイプが多いように思う。

私はそもそも、社会全体を変えられないなら、自分の属している最小組織である目の前の社会からまず、変えるんだ!という思いがある。だからこそ、遠すぎる話題には直接影響を与えられなくても、声を上げることぐらいは思う。

どうせ・・・や、熱くなっても・・・や、俺はクールだからさあ・・なんて勘違いしたカッコつけは、これからの時代には不要な人間とさえ私は思っている。

そんな人間は誰かに使われ、国にカツアゲされ生きていけばいいと。
その代り文句は言うなよと思いますね。

文句あるなら発言して立ち上がれ!!




non_alcohol_bar19:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト