2012年05月03日

説得と納得の必須事項 北風と太陽の原理

はい、どうも。ITマスターです。

皆さんはこのGWどうお過ごしでしょうか。ITは今では7Kと言われてることに驚いていましたが、確かに休み中も結局情報収集やお勉強で、7Kのうちの一つ、給料はまあまあでも時間で割るとバイト以下・・・なんてテレビで言ってたことも、嘘ではないなと感じる今日この頃(笑)

ただ、私にとっては天職ですから、それも楽しんじゃいますけどね♪

さて、そんなこんなでお気に入りのBARに行こうか止めとくか悩んでいたら、状況的にとりあえず表に出ないとどうにもならぬ現実に気づき、苦楽園のBARに行ってきました。

そこでいろいろ会話をしていたのですが、常日頃当たり前と分かっていること、それの再確認っちゅうのかな、はい。収穫です。

それが、題名に書いてしまってますが、説得と納得についてです。

物事、説得して納得してもらわないことには、物事を自分の描いたように進めることは出来ないことは、むか~~しのブログにも書いたと思います。人がついて来る来ない、賛同者、協力者が集まる、集まらないの差は、この作業をしているかどうかじゃないですか?とね(^_^)v

でも、その説得が「押し付け」だとどうでしょう。説得という作業はしないよりはましですが、人は心開くでしょうか。
そう、前にも言ったイソップ童話の「北風と太陽」ですよね。
北風と太陽のどちらが、コートを着ている男からコートを脱がせるか…の話です。北風がビュービュー吹き付けると、男はコートが飛ばされないように必死に掴み、脱がせることは出来ませんでした。
次に太陽が燦々と照りつけました。すると男は自らの意思でコートを脱ぎました。
これですね(笑)

説得と納得の流れは大事なことです。
が、説得が押し付けでは北風ですよね?
説得するときに、いかに相手の気持ちになって、相手が不信に思うであろうこと、疑問に思うことを、最初に話をする段階で先手先手に打ち出して、理解を示したのちに話を進めると、相手は気持ちよく自ら協力しようと納得して賛同するわけですね。

当たり前のことを言ってますが、これが出来てそうでなかなか完璧に出来ないのが人間。

しかし、うまくそれをやってのける方の会話を聞くことで、勉強になりましたね。

やはり意識レベルの高い方が、話をされているのを聞くことって、本を読むよりも勉強になるなあと思いますね。なにしろ、実技を目の前で見てるわけですから。

これからもいろんな方と会話し、そして、いろんな場所でいろいろ吸収したいと思いますね。
それに「勉強になった、来て良かった」と納得して帰ったことで、やりゃないかんことあるから・・・うぅ・・行くか行くまいか・・・な~んて悩んでいた、あのどんよりしていた気持ちはスカッと消えましたね。納得って大事です。
まあ、何か得るものがないと、お出かけを無駄と捉える私の思考回路は問題ですけどね(笑)

はい、煮詰まり気味の時にはやはり、お気に入りの場所に出掛ける・・・これ、大事ですね(^_^)v

non_alcohol_bar04:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
人間 | BARでの語り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト