2012年09月10日

252生存者あり これ、もうちょっと冷静にストーリ作らなきゃ。

どうも、ITマスターです。

252生存者あり・・・。
見られた方はみなさん思われたでしょうが・・・・。

まず、台風では津波は起こりません。中心気圧が下がって海面が吸い上げられ、そこに強風が吹きつけられて沿岸部が浸水することはあっても、東北の津波のような破壊力はありません。

それをまるで東北の津波のような描き方から始まった時点で・・あれ?

そして進めば進むほど、はぁ?な部分が増え、最後なんてね、みんな助けたいのは分かるけども、その助かり方があっさりしてるし、一度吹き返しの風で地盤が崩れて救助を止めるんですが、救助活動再開後の助かり方がおかしい。

地盤が崩落した後ですからね、それを全部どかさないといけないのに、なぜか主人公の兄貴はすぐに担架で出てくる。生存者ありの252の打音確認のあとに、すぐに掘り起こせるはずがない。

それに、最後。もう一つ輪をかけて笑えるのは、ボロボロになった主人公が元部下を肩車して出てくるのよね。
そんな体制で出て来れるわけがないし、出てきた後、足を引きずってなんでずっと部下を担いだまま歩く?何十人とまわりにレスキュー隊もいるし、担架もあるのに。

いくらいいキャストを使って、いくらキャストがいい演技して、いくらCGが頑張っても脚本がこれでは駄目ですわ(笑)

non_alcohol_bar02:21コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト