2013年12月27日

携帯 の 通話料 をかなり 安く する方法

どうも、ITマスターです。
別にITをマスターしてるという意味ではなく、CAFEやBARのマスター的な(笑)

さて、表題の件ですがと

スマホの通話料は込み込み契約が廃止されたり等で、とにかく高いと言われてます。

まあ私の場合、ビジネス電話は別にしていたので、あまり考えもしなかったのですが、幾つも持つのもなあということで、今回調べてみました。

まず携帯の通話料金、30秒21円かな?これに対して、楽天でんわというアプリを使うと、携帯固定問わず30秒10.5円になります。
このアプリはフュージョン回線を指定する番号を付加するだけの機能ですね。

ですので、相手に通知される番号は自身の携帯番号になります。

次にスマートークですが、これは050のIP電話番号を持てるサービスで、相手には050の番号が通知されるので指定受信等、相手に番号を知らせないと受けてくれない相手にかけるのには不向きですが、30秒8.4円と最安値。

また、このスマートークはLINEやSkypeと同じく、同士の通話は無料です。

ですので、LINE同士やSkype同士の間柄なら、もちろんそれが一番良いわけですが、これらのアプリ以外にかける際は、楽天でんわとスマートークを使い分けることで、かなり節約になるでしょう。

ただ、もうひとつ見逃してはいけないのが、auとSoftBankなら同じキャリア同士の場合、1時から21時までは無料だということ。

もしこの時間帯なら、同じキャリア同士無料なのに、楽天でんわやスマートークで話すと、いくら安いと言っても料金は掛かります。

そこで使えるのが、SoftBankならブッブッブーッ、auならプッ、プッ、プッ、プッ、プッ、プッとなってから繋がるあの音です。

相手のキャリアが分からない場合は、まず掛けた時に上のどちらかなのかによって、既存で掛けるかサービス変えるか。


その場合、既存の電話アプリでかけて同じキャリアじゃない!と気づいてから、楽天でんわに切替える方法より、まずは楽天でんわで掛けて音判断の癖をつけるのが良いかと。

なぜなら、なかなか同じキャリアの確率に当たるかどうかというところと、21時から1時までは、同じキャリアであっても無料ではないからですね。

同じキャリアではない場合と、21時から9時の間は楽天でんわが最安値になるので、まずは楽天でんわで掛け、21時から1時の間と同じキャリアではない場合は、そのまま通話し、1時から21時までで同じキャリアの場合は、既存アプリで掛け直すのがBestな使い方となるようですね




non_alcohol_bar16:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
携帯電話 | 通信系

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト