2014年02月01日

パンラクミン と ビオフェルミン と 和風煮物レトルト と食物繊維サプリ

どうも、お久しぶりです、ITマスターです。

ITをマスターではなく、IT屋さんがいろんな話をするカフェのマスターということでf^_^;

さてさて。

私、昔からお腹強くはないんです。乳糖不耐症という、牛乳などに含まれる乳糖を分解する酵素が少なくてお腹壊したり、油物食べ過ぎると下したり、ストレスで緩くなったり。

要は間違っても便秘などならない体質なのですが、ここ最近油物を控えたりしてたせいで逆にお尻が痛くなるぐらい硬くなりまして。

それが続き、お尻が痛すぎるのでアホエンオイル(低温エクストラバージンオイルニンニク成分抽出した)ものを多めに取ると今度はOPP(笑)

どちらもお尻に良くないので、定番のビオフェルミンと、胃酸に不活性化されることが少なく、生きたまま腸まで到達するという有胞子性乳酸菌(ラクボン)を同時摂取。

画像1


しかし、無臭性のガスがかなり多く出ます。

組み合わせが良くないのか、そもそも無臭性なので腸が機能してるからだけなのか…

それにしても大量なんでねえ(笑)

それでも硬いので乳酸菌含んだビスコが水分吸いすぎて硬いのか?とやめて見るも、言うほど改善せず。

なので野菜ジュースを飲むと大分改善。

やはり食物繊維不足かということで、一人暮らしではめんどくさい筑前煮や豚バラ大根等レトルトをネットで大量購入(笑)

画像1


画像1


これを続けるのもということで、こんなものも購入。

画像1


結果が楽しみです。

non_alcohol_bar17:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
健康ネタ | 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト