2014年04月16日

STAP細胞、小保方氏 の件ですが…

どうもブルーパンダです。

もう、報道が加熱しまくってわけの分からない状態ですよね。

でも、それはネタとなるSTAP細胞があるのかどうかが、はっきりしないから…

と、よく報道されてます。

確かにそれは分かりますが、この件でメディアの「飛びついて持ち上げてから落として叩く」という、恥を忘れたいつもの手が、よぉ〜く分かりましたよね。

捏造するメリットが小保方氏にある?

こういう話は必ずメリットデメリットで考えれば…

成功はしたけど、他に取られる前に、若しくは国の補助金、法律絡みの話に間に合わせるために、無理に論文を書かせたから、あんな論文になった…という線を考えると、誰と誰にメリットがあったのか、何となく見えません?

そして上からの指示で何とか間に合わせの論文出したら、チェックもせずに通し、問題になったから、某上層部は小保方氏になすりつけた…

裏の経緯があったから、どこまで反論していいものか…となった小保方氏は歯切れの悪い会見となった…

なぜなら、某研究所を完全に敵に回すと自分の研究員人生が閉ざされるかもしれないと思ってるから…

若しくは、閉ざすぞ!と言われているから…

だからバカンティ教授は、研究員としての道を絶たれる心配を取り除くことで、本当のことを言えるように…とボストンに呼んでいるのでは?

こういうことをしてると、世紀の大発見の利益は海外に流れるんですよね…

そして、これから先の研究員も海外に流れる…

一部の保身者達のために…

という、筋書きもなくはないですよね?

小保方氏をメチャクチャに叩いてるメディアはそこまで考えているのでしょうかねぇ…

という私も、単なる憶測ですが…f^_^;

副センター長の会見でどうなるのかですね〜



non_alcohol_bar14:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ニュースネタ | 信用

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト