2015年04月12日

iOS8はアクセス不可だらけ。そんな時は…

はいどうも、ブルーパンダです。

さてさて。

iOS8から警察に中身を…と言われても復元できないセキュリティ…というだけありすなー(笑)

未脱獄でもアプリの中の動画ファイル等アクセス可であったi-funbox等でも不可に。

困りまんなー。

復元ソフトPhoneRescue(5千円)に手を出すも、抽出前のバックアップに40%完了現時点で13時間。使えね-。

何でこんなに時間かかんの?暗号化されてるから復合に時間?それとも128GBだから、単に前の時間の倍?

とりあえずこれだけ掛かってバックアップに失敗は怖いので、ひとまずiTunesでiPhoneバックアップし直して…と思い、先ほどのPhoneRescueを途中で止めて残ったゴミファイル削除しようとすると、削除に2時間…

確かに80GBぐらいあったけど…それにしても…シフデリで2時間?

あ、シフト+デリートね。勘違いされぬよう(爆)


しかし、やっぱり暗号化されてるから?

うーん、最近この辺の技術からかなり離れてるので、ついて行けてないなあ…(ーー;)


まあ、この辺はサポセンに相談するとして、とりあえず入りきらないファイルをいつでもアクセス出来る、外部サービスではないWi-Fiストレージ、下記のを買いまして。

image


これ、パソコンからはWi-FiでもUSBでもアクセス出来て、iPhoneからは専用アプリで。

うーん、そーなると、このストレージとiTunesのiPhoneバックアップだけでよかったかなあ(^_^;

ま、アプリ壊れたときとか、iPhone起動しないとかのトラブル時の救出ソフトの位置づけ…ということで、納得させるしかないですな〜(/_;)

追伸
同じ会社が出しているanytransというソフトがファイルを弄れる様ですが、使用してみたところ、やはりi-funboxと同じく、ドキュメントの中の動画ファイルにはアクセス出来ず。

結局どの会社も、同じ壁を乗り越えられてはない様です。




















non_alcohol_bar21:03コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
携帯電話 | デジもの

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト