2016年11月15日

日本の子育て、躾?我が子は可愛いが?お互い様?限度?迷惑掛けぬ生き方?人はそもそも迷惑掛けずには?な話。

最近、良く問題になる、この手の問題。

と有るSNSで話題になってたので、長文投稿に対し、こちらも長文で参加したんですが、即消しました(笑)

なぜなら、話が逸れてしまってたから。゚(゚^ω^゚)゚。

ただ、この手の問題って難しいんですよね。

そう。この手の話は私も最近興味があり、色々調べてたのですが、子供の騒ぐ声、泣き叫ぶ声に敏感な人は、子供の時に「周りに迷惑でしょ!静かにしなさい!」と怒られ、行儀良くして育った大人に多いらしいです。


自分は怒られ、我慢して我慢して生きてきたのに、なぜあの親は注意しないんだ!という感情になるようです。


そしてその気持ちを引きずったまま大人になった人は、社会に出ても、我慢して我慢して生きて、もう余裕をなくしてるそうです。


なので、そのシーンを目の前にしたとき、子供の頃の記憶も蘇り、子供は放っておけば暴れるもの、叫ぶものかもしれないが、それを言って聞かせるのが躾であり、子供やから仕方ないでしょ!って開き直る親子に対し、子供だから周りに迷惑を掛けてもいいということにはならないだろ!という感情になるそうです。


私も小さな頃から我がまま言わず、例えば同い年が受けに来る予防注射、周りが泣き叫ぶのが当たり前の様な時でも、口を結んで泣かなかったそうです。


でも、本件で問題とされるような、睨みつける、また排除しようという感情まではならないですよ(笑)


私は日本国民を絶やさぬよう、子育てしてくれてる人等には、自分がしてない分、感謝してますから。゚(゚^ω^゚)゚。


それとこの手の問題、一番難しいのが、自分の子供が騒いでも微笑ましいけど、他人の子供はそうじゃない現実があるのでしょうね。


我が子は可愛いから許せるけど、周り皆が同じ感情ではないって視点も必要なのでしょうね。


あと、子供の件に限らず、どんな場面でも、一点についてお互い様になってない、フェアじゃないと考える人は、物事を置き換えて、色んなパターンでのお互い様と捉えられない傲慢さが有るんだと何となく思います。


なんだか纏まってない文章になってしまいましたが、結局のところ、お互いに度を超さぬよう…って事じゃないかと(;^ω^)



non_alcohol_bar01:16コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
我が国 | 人間

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト