映画ネタ

2017年07月02日

普段、海外テレビドラマのネイビー NCISを楽しく見させて貰っているので、似たような気分で視聴しましたが…

これは重たい。深い。
そして悲しく、空しい。

戦争映画自体、普段見ないので、これは堪えました…(。´_`。)


non_alcohol_bar22:08コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年03月28日

Amazonプライムにて視聴。
下記の週刊誌では、
「ご都合展開、つまらないお涙頂戴シーン、イケメンだらけのリアリティのなさ、主演でありながら特殊部隊には到底見えない向井の貧弱さ」

と批判。

ん-。分かってないね。

この映画にハリウッドの様なものを求めている時点で記者のレベルを疑いますね。

この映画は平和ボケしてる日本に、
「そんな甘ちゃんでいいの?」
と問いかけるのがテーマ。

週刊誌はいつしか批判の向きさえも忘れてますな。



non_alcohol_bar03:24コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年03月01日

全くストーリーが入ってこなかった、ronin 坂本龍馬。

河合義隆監督不祥事、その後自ら世去りで、封印されていたらしい映画。

撮りたい場面、入れたい主題歌、自己満足の映画にしか見えなかった。

刑事物語の脚本、片山蒼=武田鉄矢とは思えぬかんじ。

監督も武田鉄矢であった後半の刑事物語と違って、監督が違ったらこんなもの?

これで評判が☆5つ、めちゃくちゃ良いのが謎。


僕が子供の時に見た記憶のものは、1982年のテレビドラマだったのかなあ。



non_alcohol_bar00:34コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月29日

金八先生でお馴染み、武田鉄矢さん。

この方は坂本龍馬好きでも有名で研究者と言ってもいいぐらいの方。

この方が金八先生をやってた頃、名は坂本金八、娘の名前は坂本乙女。

ねっ、ここまで坂本龍馬を愛しておられるのでしょう。

いい人を演じることが多いこの方も、この映画では、悪いって言い切れはせんが、型破りで黒い刑事役をされました。

それがこれです。

独特の威圧感がありましたね。

武田節というと「甲斐の山々、日に燃えて〜」になってしまうので、そうだな、「鉄矢節」満載!といったところですかね。

森山未來さんとの掛け合いも中々でした。おまいらに人権なんてねぇーんだよ!




non_alcohol_bar04:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年09月30日

どうも。

さて、涼しくなってきた最近。

そういや、去年、涼しくなってきたからDVD映画や、読書等々ダイレクトに脳に届くなあと記事を書いたことを思い出しまして。

あ、そうそう、この映画、なかなか良かったので、過去記事にて再度ご紹介。

映画 IMPACT 視聴 _AA1439_


non_alcohol_bar00:08コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年10月19日

どうも。ITマスターです。

まあ、時間がある時はサスペンスなんぞや見てしまうのですが、今日は「私は代行屋!晴子の事件推理」という、第一作目を。

でね、今回は内容では無くキャストの話です(笑)

ドラマの中に出てくる彩乃先生役の女性、どこかで見た事あるような…と。

一瞬、水川あさみ?と勘違いしたけど、あの子は声に特徴があるから、違うなあと。

と言っても、この水川あさみさんの名前自体も出てこなくて、水のつく名前で、関西出身でAB型で…という記憶を頼りにGoogleで「関西 水 女優 AB型」と入れて検索したら、ビンゴ!水川あさみさん(笑)

ただ、声の特徴がある水川あさみさんではないよなあと思ったので、さらにネットで調べると、彩乃先生役は東風万智子とある。

知らんなあとさらにググると、元、真中瞳じゃないか!

そう、あの久米さんのニュースステーション、スポーツコーナー担当していた真中瞳ちゃんですよ!

なんか古い友人にでもあったような懐かしさ(笑)

ただ、芸名変えすぎだよf^_^;)

ま、今回のドラマ、元真中瞳さんに、小野真弓さん…普段ぽっちゃり好きと言ってるくせに、実はこの辺りもなんかタイプ…っていう二人がいい役だったので、なんか満足かな(笑)

non_alcohol_bar04:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年09月22日

781fd457.jpg



どうもITマスターです。

本日二本目の映画のご紹介( ´ ▽ ` )ノ

それは宇宙人ポール!

これはもう、本当にお気軽映画です。

しかしながら宇宙人のポール自体ははよく出来ており、親近感湧きます、スピルバーグのネタはポールが電話指導してたといっちゃう、まあ、面白い映画です(笑)

しかしながら、ストーリーはどうでも良い話の類です。

とにかくこの映画をみると、ポールが愛おしくなっちゃいますね(笑)

non_alcohol_bar06:21コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_AA1439_


 


はいどうも、ITマスターです。 気温もようやく夜は下がってきましたね。久しぶりに24時間稼働のクーラーを止めています(笑)

秋は気持ちがいいというだけでなく、気温が下がることによって感情や思考も落ち着いてきます。

そのニュートラルな状態での読書や映画鑑賞はなかなかいいものです。昔から秋の夜長には読書というだけあって、いや、読書の秋か(笑)本当にダイレクトに脳に届く感じがしますよ(^_^)v 

今年は食欲の秋ではなく作品鑑賞の秋にしたいと思います。ということで今回はIMPACTという映画のご紹介。

簡単に言うと流星群に隠れて質量の大きい惑星?が月に衝突し、その引力等々により起動のずれ等が起こり最終的には地球に月が衝突してしまうので、どう回避するかという内容です。

 この映画はDVD二本にわかれています。3時間超えるパターンかな。しかし、パニック映画の中ではそれなりに仕上がっているような感じがしました。
大概この手の映画で失敗作になっているのは、前置きが長すぎて、超常現象場面はほとんどなく、関わる男女の「いざこざ」でほとんど終わるパターンなんですが、IMPACTはそれなりに科学根拠らしいところをなぞりながら、恋人や家庭も、ヒステリックもなく、ウザくない程度に綺麗に流れ、失敗作に多い「引っ張った割にはあっさり解決、わざとらしいハッピーエンド」もなく、明暗、それぞれの立場の「無駄に言葉に出さない」表情のみでの感情、そしてそれなりの映像に仕上がっています。

これはパニック部門としては、なかなかいい映画に入るのではないでしょうか。気になる方は是非ともご覧ください(^_^)v

non_alcohol_bar03:03コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年09月12日

どうもITマスターです。

映画ネタが続いていますが…(笑)

この映画、なかなか関西人には夢のある話かもですね。

大坂夏の陣で絶滅されたとされる豊臣家の末裔が実は生きていて、その子孫を残し、守るために、大阪国なるものが実は存在し、大阪国総理大臣がいて、万が一の時には大阪城が赤く燃えるようになり、それを見た大阪国民は祝日に掲げる日の丸の様に、ひょうたんを掲げ、集結する…

派手さも関西らしいお笑いもいうほどないですが、ご興味ある方は是非( ´ ▽ ` )ノ

画像1


non_alcohol_bar06:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年09月09日

ITマスターです。どうも。

さて、溶岩なんてタイトル見たら、トミー リー ジョーンズのボルケーノみたいな映画と思うでしょ?

5dc6149b.jpg


似たようなことはやってますが、映像がチープで、みんなの為に犠牲になって突っ込んで行く人が、何か簡単な扱いで、全然かっこ良くないし、遠隔操作の爆弾スイッチ、遠いとこまできて、スイッチ入らんからと、戻るんやけど、戻るいうても、爆弾の前にまで行きますか?(爆)

あと、そこからどうやって出たの?いつのまに?みたいな感じでグダグダ(笑)

アンダルシアなんかは、その点しっかりモヤット君をスッキリ君に変えてくれるので、良い映画やなと思いましたね(^_^;)

non_alcohol_bar10:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年04月23日

はい、どうも。ITマスターです。

今回はボルケーノ2012という映画をTSUTAYA ディスカスで。

かなり前、ツイスターや、ボルケーノ、ダンデスピーク等々自然災害映画がたくさんでましたよね。

まあ、気象や自然の脅威に小さな頃から興味を持ち続けて来たので、普通の人よりは、この手の映画を見ることが多いのですが。

まあ、今回のは上記の大作とは違うので、映像的には「ちゃちい」ですね。

ただ、その災害を食い止める為に、未来の自分から現在の自分に、人類を救う方法を教えてもらって解決するってストーリーは、あまりなかったパターンですね(笑)

興味ある方は一度どうぞ。
あ、そうそう、以前のこの手の作のボルケーノに合わせたのか、ヒーローはトミー・リー・ジョーンズさんの渋さを真似た感じの俳優さんが、渋く演じてます(笑)

ただし、先に断わっておきますが、ボルケーノもどきのボルケーノインフェルノとか、ツイスターもどきのツイスターインフェルノ…等々に近い感じですから、しょうもないやんけ~~と怒らないでくださいね(笑)

non_alcohol_bar02:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト