2017年02月02日

生きるか死ぬかの話。

初期のガンがベンフォチアミンで治るのは、欧米では当たり前のこと。。


ベンフォチアミンビタミンB誘導体の不足で、糖の代謝が上手く行かず、その糖を原料にがん細胞は増えるから。


糖の代謝にはビタミンB群必須。しかし加齢と共に上手く取り入れられなくなる。


そこでビタミンB誘導体、ベンフォチアミン。


ベンフォチアミン=ビタミンB誘導体が不足すると神経痛,筋肉痛・関節痛,末梢神経炎・末梢神経麻痺,心筋代謝障害,便秘などの胃腸運動機能障害  アルツハイマー  糖尿病、心臓病、うつ病、にもなる。


その不足はATP不足を招く。クエン酸回路での障害によるATP(アデノシン三リン酸という生体エネルギー)の不足がガンの原因だそうです。いわゆるクエン酸回路が回らなくなるんですな。


この問題を一括解決するのがベンフォチアミン。海外では普通にビタミンサプリメントとして安く売られている。初期ガンは治るからね。


しかし、日本では抗がん剤の売れ行き、リリカなどの神経痛薬の売れ行きの邪魔をするので、売られていない。


それが厚労省。製薬会社との癒着政治の実態。


なので、個人輸入が一番賢い。健康保険効かなくても、海外配送しても、まだ安く入る。それだけメジャー。


なぜ日本人だけにガンは増え続け、痴呆症が増えているか。


全てはここに理由があるようです。



non_alcohol_bar01:39コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年12月28日

インフル予防に漢方「補中益気湯」の可能性

この記事を読んで早速試しています。

効果のほどはおいおいリポートしていきますね。゚(゚^ω^゚)゚。



non_alcohol_bar04:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月23日

今流行りの「薬」。「炙り」ではなく、「すすり」(笑)

左から、血管収縮剤に1世代抗ヒスタミン系の「ナザール」。

2番目は病院処方薬で昔はドラッグストアでも安かった、収縮系にステロイドの「コールタイジン」。一時期2倍近く価格高騰してましたが、最近また下がりましたね。


3番目は2世代抗ヒスタミン・アレルギー系のケトチフェン配合スットノーズ。

最後はステロイドのみの「ナザールα」。

花粉症の時は3つ目4つ目が効果大。

収縮系は痛み出るので注意(。´_`。)






non_alcohol_bar23:11コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年12月07日

どうも、ブルーパンダです。

インフルエンザの季節になってきました。

インフルエンザの対策として鼻うがいやスチーム吸入等々ありますよね。

例えばスチーム吸入だと下記のような機種がありますね。

2014-12-06-20-20-12


左上スチーム型、右上超音波&温め式。左下超音波式、右下コンプレッサー式。

右上の超音波温め式のネブライザーと左下超音波式ネブライザー、迷ったんですが…

超音波式は加湿器同様、熱殺菌出来ず雑菌の繁殖が強いので、10年ぶりに左上ボイラー式スチーム吸入器、買換えました。

しかぁーし!ウィルスは粘膜に付着して20分で浸入するらしいのです。


家に帰って吸入なんかしても…

そこで今日は、免疫力を上げる方法を調査。

にんにく、キノコ類等々の効果は体験済みですが、インフルエンザ等冬のウィルスに強いものはないかと調べると…

ラクトフェリンという物質に辿り着きました。

生まれたばかりの赤ちゃんがウィルスから守られているのは、初期母乳に含まれるラクトフェリンのおかげだとか。


このラクトフェリンはナチュラルキラー(NK)細胞の活性を高め、ビフィズス菌BB536を一緒に摂取することで、NK細胞活性がさらに強まるとか。

そこで森永乳業さんのラクトフェリンを試すことにしました。

森永乳業さんのサイトでは下記のように説明されてます。

2014-12-07-17-17-42


●ウイルス感染の仕組み
体内でどんどん増えることで、具合を悪くさせるウイルス。ノロウイルスが増える場所は、小腸や十二指腸。腸の表面にある細胞にすっと入り込み、水分や塩分を調節する機能を壊してしまいます。そしてつらい下痢などの症状を引き起こすのです。

●ラクトフェリンが効く理由 ~ノロウイルスをガードし、細胞への侵入を防ぐ~
ウイルスが腸内に入り込み、感染も時間の問題――。このピンチにラクトフェリンは2つの働きで細胞をウイルスからがっちりガードすることを示唆する研究が報告されています。
(1)腸の表面にぴたっと張り付き、細胞をウイルスからガード。
(2)ラクトフェリンが胃の中で変化してできる「ラクトフェリシン」という物質が直接ノロウイルスにくっつき、腸の表面にある細胞に入り込むのをガード。

これらラクトフェリンの働きにより、ノロウイルスが腸管細胞に付着することを防ぐ可能性があると考えられています。

●対ウイルス戦の達人
ラクトフェリンは免疫力を活性化させる働きもあることから、ノロウイルスやその他のウイルス感染性胃腸炎の抑制や、発症後の症状を和らげる可能性があります。また、風邪やインフルエンザなどのウイルスの抑制にも力を発揮するとして研究が進められています。


またこのような記事もあります。

ーーー抜粋ーーー

ラクトフェリンは自然免疫力に対して、機能を活性化する特性を備えます。
だからラクトフェリンは母親の初乳に多く含まれ、新生児を守るには欠かせない成分になります。
ラクトフェリンがインフルエンザに効く理由として注目されるのは、やはり自然免疫力の活性化に役立てられるのがポイントですよ!
つまりインフルエンザのウィルスが体内に侵入しても、もし潜伏期間に排除することができれば、感染は食い止められるというわけですね。
ラクトフェリンの摂取を習慣化すれば、インフルエンザのウィルスが侵入した時点で、自然免疫力により排除されやすいでしょう。

自然免疫力とは体内に異物を発見する機能と、それに対する攻撃力を備えます。
それぞれの防御機能が細胞単位で連係プレーすることが重要になり、それが自然免疫力としての抵抗力となり強化されることにつながります。
つまりラクトフェリンにより自然免疫力が活性化されるなら、まずインフルエンザのウィルスが体内に侵入したことを素早く察知します。


次にウィルスの侵入を細胞に伝達することで、体内の細胞は抗ウィルスの武装状態になります。
その作用から侵入したウィルスが細胞に吸着しないように阻害し、感染による増殖の抑制につながるので、これらラクトフェリンがインフルエンザに効く理由ですね。

ーーー抜粋終了ーーー

元記事:http://www.shzfw.net

とりあえず今年は予想より3週間流行が早く、予防接種してないのでねえ…

予防接種の効果は実施日から3週間…だから、間に合わないですしね。ラクトフェリンに賭けましょう(笑)







non_alcohol_bar17:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年08月03日

【意外にお得な重要な話?】
ちょっと長いですが…お得な話…。

昨日、キャンペーに軽い気持ちで応募したら当たったんです。
からだすこやか茶W、1年分!(384本)

糖と脂肪の吸収を穏やかにするとのことですが…結果は乞うご期待(笑)

2014-08-02-19-25-56


1日3本なので、実際は数カ月で飲み切ることになりますね。結果は乞うご期待(笑)

しかし、この「からだすこやか茶」1年分。当たったついでに調べてみました。

まず写真上段を見て頂くと…。

2014-08-03-14-34-33


有効成分は難消化デキストリンという食物繊維で1本当たり5g。これ、お茶として買うと160円。

写真下段を見て頂くと…。同じ成分で錠剤のネイチャーメイドなら240錠で600円。

2014-08-03-14-34-33


お茶に含まれる5g ÷ 錠剤1錠に含まれる0.3g =約16錠飲めばお茶1本分のデキストリンなんです。

ネイチャーメイド240錠 ÷ お茶1本分デキストリン量5gに合わせて飲む錠数が16錠=15回分。
ネイチャーメイドの難消化デキストリン1瓶600円 ÷ 15 回分=1回分40円。

効能あると言われる難消化デキストリンを同じ量で対決させると、トクホすこやか茶Wが1回160円、ネイチャーメイドは1回40円となるんですね〜

今回はキャンペーンで当選したのでお茶代わりとしてOKですが、飲み切ったら次はネイチャーメードですね〜。160円と40円ならコスパ4分の1ということになるので、ネイチャーメイドの方が優れています。

なお、難消化デキストリンは伊丹の猪名川沿いにある、松谷化学工業の特許らしいですね〜。ちょっとビックリ(^^;;












non_alcohol_bar21:36コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年05月11日

気になっていた目薬を調べて記事にしようと思っていたら、既に纏められたサイトがありましたので、ご紹介!

ロートV11とサンテメディカル比較

non_alcohol_bar12:45コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年04月02日

気管支拡張剤とステロイドが配合された吸入剤
2009-12-17-18-28-54


喘息といえば子供の病気と認識している方も多いと思います。

また大人でも喘息はありますが、喘息=発作性のヒューヒューが有るか否かを判断材料にされてる方がほとんどかと思われます。

しかし、花粉症の時期だけに咳が続く、若しくは風邪のあとに咳が止まらない等々、意外と悩まれている大人も多いと聞きます。

花粉症と言えば目の痒みや涙目、鼻の症状と思われている方が多い様ですが、鼻から喉、気管支は同じ粘膜なので、鼻で起こることは気管支で起きても不思議ではなく普通のことなのです。

気管支がアレルギー症状を起こすと、それは咳が続くということになります。

また風邪の炎症がキッカケで、発作性ではない喘息、咳喘息を引き起こすことがあります。咳をし過ぎたがために、気管支の壁の粘膜細胞が剥がれて、痒み等の刺激となり咳が止まらなくなる場合も。

治療、対処法ですが、最近は気管支の過剰な痙攣を止め、気管支が狭まるのを抑える気管支拡張剤と、腫れ上がった炎症を抑えるステロイドが配合された、かなり有効な吸入剤が出ています。

ステロイドを怖がる方もおられますが、内服と違い吸入ですので居所的で安全です。

咳が長引く場合は内科耳鼻科ではなく、呼吸器科の看板のあるクリニックをお勧め致します(`_´)ゞ

参考
気管支拡張剤とステロイドが配合された吸入剤
2009-12-17-18-28-54


non_alcohol_bar14:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年03月02日

はいどうも、ITマスターです。

今日は今まで色々と健康について書いてきた内容も含めて、気づいた点をメモ。

さて、色々な症状について医学データを調査すると、全く別に見える「個々の不調」を治療、又は緩和するのに必要な成分(ビタミン、薬、漢方、食材、サプリ)が同じだったりします。

逆に言うなら、その成分不足が、無関連に見える色んな症状を引き起こす唯一の原因だったりするわけです。

それを知った時、アハ体験に近い感覚になります(^。^)

詳細はこれから数回に分けて記録して行きたいと思います。

non_alcohol_bar09:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年02月01日

どうも、お久しぶりです、ITマスターです。

ITをマスターではなく、IT屋さんがいろんな話をするカフェのマスターということでf^_^;

さてさて。

私、昔からお腹強くはないんです。乳糖不耐症という、牛乳などに含まれる乳糖を分解する酵素が少なくてお腹壊したり、油物食べ過ぎると下したり、ストレスで緩くなったり。

要は間違っても便秘などならない体質なのですが、ここ最近油物を控えたりしてたせいで逆にお尻が痛くなるぐらい硬くなりまして。

それが続き、お尻が痛すぎるのでアホエンオイル(低温エクストラバージンオイルニンニク成分抽出した)ものを多めに取ると今度はOPP(笑)

どちらもお尻に良くないので、定番のビオフェルミンと、胃酸に不活性化されることが少なく、生きたまま腸まで到達するという有胞子性乳酸菌(ラクボン)を同時摂取。

画像1


しかし、無臭性のガスがかなり多く出ます。

組み合わせが良くないのか、そもそも無臭性なので腸が機能してるからだけなのか…

それにしても大量なんでねえ(笑)

それでも硬いので乳酸菌含んだビスコが水分吸いすぎて硬いのか?とやめて見るも、言うほど改善せず。

なので野菜ジュースを飲むと大分改善。

やはり食物繊維不足かということで、一人暮らしではめんどくさい筑前煮や豚バラ大根等レトルトをネットで大量購入(笑)

画像1


画像1


これを続けるのもということで、こんなものも購入。

画像1


結果が楽しみです。

non_alcohol_bar17:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月25日

鼻詰まり、鼻炎市販薬として出回っていた「飲む血管収縮剤」フェノールプロパノールアミンが脳出血の危険性から禁止されて数年。
現在はプソイドエフェドリンに置き換わってますが、急性心筋梗塞を起こす事が分かっているらしい。
また、このプソイドエフェドリンは覚醒剤の原料となることから、国によっては薬剤師販売で、二箱までとなっているらしい。

non_alcohol_bar06:16コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年10月21日

はいどうも、ブルーパンダです。

ビジネスの席にはお酒はつきもの。

以前に比べ悪酔いしやすくなっていたのですが、黄連解毒湯という漢方を服用するとまあ抜けるのが早い事(≧∇≦)

酔いたい方で二日酔いが嫌なら、アルコール後でも構いませんが、私は酔いたいのではなくお酒の席が必要なことや、そういう場所でいろんな業界の方とお話して吸収する事に重きを置いているので、アルコール前に服用します。

すると、ビックリするぐらい酔いません!酔わないので、もちろん悪酔いや二日酔いなんてのもなくなります。そして解毒後の水分排出としてアルコール後に五苓散 を飲むと完璧ですね。

93eaedff.jpg


c8e71e71.jpg


参考URLを載せておきますね!

http://www.marukawaya.com/mamechishiki/mamechishiki7.html


non_alcohol_bar22:45コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年11月04日

こんにちは、ITマスターです!

私は迷信だのなんだのは余り信じないんです。幽霊でさえ科学的に証明されてるんですからね(笑)

ビーナスブリッジで幽霊目撃談が絶えなかったあの頃、科学調査が入りました。やはり人間はそこに行くと幽霊が見えたらしいのです。調査するといわゆる御影石?が無数にあり、そこだけ磁力がかなりキツかったと。だからなんかな?墓場で良く目撃されるますよね~幽霊。

そこで次のような実験がされました。
怖い映像を数人に見せ、だいぶ経ってから被験者に強い磁気を当てたんです。
すると、全員幽霊が見えたんです。しかし面白い事に全員が怖い映像を見た時の幽霊が見えたのです。要は同じ幽霊さんです。

人間が幽霊を見た…となるのは、この様に科学的根拠があるようです。一番の原因はテレビだったんです。そこで見た残像が、いつしか脳の奥底に記憶され普段は呼び出されない。そして強い磁気の照射を受けるとそれが呼び出されるという仕組みの様なんです。

えらく話がずれましたが、だから私は余り根拠のない話は信じないんです。全てには理由があるから…と思うからですね。

ま、私はそんなスタンスなんですが、ファイテンのアクアチタンのラクワネックは、肩こり効いてる感じがするんですよね。

このファイテンは野球選手やゴルファー、マラソン選手が良くつけてますよね?

あれです。

こんなんプラセボ効果(偽薬効果)だよっていうのが私の基本路線なんですが、今回のアクアチタンは明らかに体調や凝りに効果が出てるような気がするんですよね。

気がついたらラクワネックx50ネックレスと、肌に直接つけるスポーツ用シリコンタイプのネックレス、あとシリコンブレスレット、そして、チタンテープを購入してしまいました(笑)


肩凝りに耐えている方、一度お試しあれ♪


non_alcohol_bar05:05コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト