人生

2018年04月30日

阪神ファンからしたら中日という巨人の次に…の監督だった星野さん。


でも、男星野はチームを超えたファンを持っていて。


阪神大震災の後、元気になりきれない阪神間に光を見せた阪神監督時代。でも中日の時同様、また日本一になれず。


なぜ星野さんは…。


しかし東北のあの大震災後、また東北に光を。


それも本人にとっても初となる日本一となって。


そして燃え尽きた彼は今年旅立った。早すぎる死だけれど、男の生き様としては濃い方だった。


人生、燃え方によって長短の差は出る。


でも彼ほど男が惚れる生き様をした人間はそう居ない。



non_alcohol_bar05:46コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年02月10日

人生は楽しもうとしなければ、決して楽しいものではないそうだ。

ただ、楽しむためには時間と体力を使うのだそうだ。

なので、時間と体力がなければ無理に楽しもうとしなくていいらしい。

なぜなら、ただ楽しくないだけで済むのだから。

そう、別に命を取られるわけでは無いので、生きてるだけなら無理して楽しまなくても、何の問題ないそうだ。

もし楽しまない人生をストレスに感じるなら、短命に繋がることもあるらしいが、そもそも楽しくないのだから、短命を問題視する必要もないらしい(笑)

要は自身がどうしたいかだけらしい(^_^;)


non_alcohol_bar21:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年09月23日

福原愛ちゃんが結婚かあ。

僕らの愛ちゃんも行っちゃうのね〜
どこで暮らすんだろー。
って何言ってんだ?俺は…。

ねえ、さんまさんと泣きながら卓球で勝負してた福原愛ちゃんが結婚する年齢になってたんだよねえ。

というか、色白でふっくらな、ホントに綺麗なお嬢ちゃんになってたし。

どことなく父親の目線で見てるというかなんというか。あの子も大人になったのね。

我が年輪を感じるぜーい。


non_alcohol_bar02:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月27日

40歳になって気付く。男30代前半、女20代前半が人生で一番調子に乗っちゃう時。自身もそうでしたし。

理由は街中で他人を見てても気づくでしょうし、特に自身が40歳になって過去を振り返れば嫌でも知ってしまいますよね。

その40代は…

自己を思い知り反省し、そして己の体力も精神力も集中力も脳みそパワーも限界を知る年代(笑)

如何に反省し、如何に衰えた生命力をカバー出来るのかが鍵。

全てに於いて効率的にならなければ、成し遂げる事柄がどんどん減りますからね(。´_`。)


non_alcohol_bar11:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月11日

海外出身の方が「なぜ日本人は遊びで有休O.K. 病気ではダメ?」と。

「日本国民は体調不良で休むことを許さない。体調が悪くて休めるのは危篤になるか死んでから」

大袈裟に言うと、そういう風潮がある。

また「そこまでして働いた報酬は、一部の経営者と国が、知らずのウチに最後の一滴まで吸い上げます!日本は報酬も税金も多重搾取の国!」

と言えるみたいですなあ。

海外から見たら不思議な国Japan。

問題は
「日本は労働力だけでなく命を売ることで報酬を得る国」になってきていること。見えにくい現代の奴隷制度だね。

でもね、胸を張れJapanese!

だからこそ、文句を言われながら外国にお金を配れて、政治家がその一瞬だけ、いい顔出来るんだから(爆)

嫌味はそこそこに。

結局はどちら側になるか。

本人次第で可能性がゼロでは無いだけ、少しは希望を持てる国と言えますかね〜


non_alcohol_bar19:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月19日

立場、見方によって事実がねじ曲げられるから嫌いだった時代劇。でも、そこに意味があったのね。

食わず嫌いはあきまへん。今更気付くとは情けない(笑)

龍馬視点で見ると、新選組は悪。

でも、子供の頃に見た新選組はスター?

どっちの立場で見るかで善悪加減も180℃…

2回目の成人式、やっと本当の星人ね。

おっと、地球外生命体になった。



non_alcohol_bar23:01コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月08日

この夫婦がそうだとは言いきれないけど、完全に勘違いした女性がいるのも事実。

この記事を見て普通に思ったのは…

だったら奥さんは旦那が16時に帰って昇進に響いても文句は言わないんだよね?ってこと。

まだまだ男は残業して評価される会社も多いと聞く。

社会がまだ変わっていないのに男にだけ変われと言ってもねえ。

今の社会は女性だから許されることが多いこと自覚無いんだなあ。

女性でもバリバリに仕事出来る人は、都合の良いときだけ女に逃げない!という言葉を口にする。

尊敬出来る人達だ。

今回の人達がどうかは本当に分からないけど、いっそのこと旦那が主夫をやり、メインの稼ぎを奥さんに変えてみたら?

稼ぎが少ないと文句言われても我慢だよ?クタクタで帰ってきても協力協力言われんだよ?

とか、まあこの辺、全く関係ない僕が思ってみる(笑)

家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図 http://select.mamastar.jp/2016/02/07/90918/



non_alcohol_bar01:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年01月17日

今年もこの時が来ました。早起きして黙祷の準備です。

残された私達は、無駄に生きてはならない…そう思った十代最後。

さて、人生の中で苦境に立たされた時、今までで苦しかったことを思い出し踏ん張るなんて事、良く聞きますよね。

それは、実体験の中から来る事が多いので、体育会系の人は粘り強いとか言われる事が多いとは思います。

私も体育会系でしたが、それを軽く越える苦難が、多感な十代最後から二十代前半にかけて降りかかってきました。

その年齢ではあまり経験しない様な苦難がいっぺんに重なる感じで、これから先、それが一番の奮起剤になるだろうと当時は思っていたのですが、実際は違うような気がします。

本人の苦悩なんてちっぽけと思う出来事…それが阪神大震災の直撃でした。

幸運な事に、激震区の割には何とか住居の破壊から免れ、親族や親友が…でもない…ので、その当時は震災以外の苦悩の方がキツかったのですが…

しかし、今となっては人生の苦境に立てば立つほど、震災の事が頭に浮かぶのです。

あの時、人生が終わっていても不思議ではなかったと。

漠然とではあるけども、生かされてるという感覚。この生まれ育った街を破壊され、そこから復活させる為に、生き残った自分達に何ができるか…

残された私達は、無駄に生きてはならないと、そう思った十代最後。

この思いは、辛い事が起きれば起きるほど、そして、05:46の時計の針の形を見るたびに…

そう、あの時に二回目の人生が始まったと言っても過言では無い、そんな感覚…

これが私にとっての奮起剤…と言うよりも、生かされている者の責任のような気がして、どんな苦境にも何とか立ち向かうことが出来ている…そんな気がしています。

non_alcohol_bar06:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年05月15日

有ることは知ってましたが…

それがなにを引き起こして行くのか。

肉体的だけではない厄介なものをこれからお勉強して行こうと思います。

参考サイト
http://www.health.ne.jp/library_sp/5000/w5000271.html

non_alcohol_bar12:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ミッドライフ・クライシス(中年の危機)なるものがあるらしい。

気付かぬうちにそこに陥ることも有るのでしょうね。

確かに大人の思春期とも言えるのかも知れませんね。

目標はしっかり、ただあまりもがかないことも大切なのでしょうね。

参考サイト
http://www.bunsekisinri.com/wp/midlife/


non_alcohol_bar12:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年09月30日

あら、いつの間に?「豊かで、幸せな人生を送るためには…? 6つの大切な考え方」のとこに、出典として私のブログが…

こういうのって普通載せる前に一言あるんじゃなかったっけ…

でもまあ、誰かの心に届くなら、それが本望で書いてるわけですしねf^_^;

ま、取り上げてくれてどうもです・・とお礼を言わないといけませんね(*^_^*)

豊かで、幸せな人生を送るためには…? 6つの大切な考え方

http://matome.naver.jp/m/odai/2136853218737068801/2136871634880357703



non_alcohol_bar02:27コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年01月02日

あけましておめでとうございます!

ITマスターです!

本年もよろしくお願い致します。

さて、変わらねばならんなら、変えれるとこ全部変えてやれ、運気が良い時の決まりごと等は気にしませんが、何と無く悪い流れの時は、変えられるだけ変えてやる!どうも私の中ではこれが今年の目標の様で(笑)

ということで、年が変わると言っても昨日から今日に変わるだけなんて冷めた目で見ていたところも変えましょう!という意気込みで、先ずは呑んだくれて迎える元旦をやめ、初日の出を見に行って来ました。

子供の頃は自転車でトレーニング兼ねて甲山まで登ってたんですが、それは流石に厳しゅうございますので、西宮大橋の最高点から拝む事に。

これ、なかなかのスポットですよ♪( ´θ`)ノ

ただ寒かったからか、新しくいれた一眼レフもどきの一次電池、いわゆる使い捨て乾電池、何枚か連写していたら電池切れマークが((((;゚Д゚)))))))

そう、低温時は分子の活動も鈍るらしく、またデジカメの電通部分は低温時は電気を通しやすくなり?無駄に電流を流すこともあるとかで、とにかく寒冷地等低温環境では、入れ替えたばかりなのに、こんなことになるんですねえ。分かっていたようで分かってなかったことにビックリ(笑)

何度も電源入れ直しながらなんとか撮れましたけど(笑)帰宅して暖房のきいた部屋で再度電源入れたら復活しましたf^_^;

ついでな感じになりますが、下記に初日の出を。

画像1


画像1


画像1


non_alcohol_bar07:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年11月18日

どうも、ITマスターです。

今回はちぃーっと真面目なお話。

人生の中で苦境に立たされた時、今までで苦しかったことを思い出し踏ん張るなんて事、良く聞きますよね。

それは、実体験の中から来る事が多いので、体育会系の人は粘り強いとか言われる事が多いとは思います。

私も体育会系でしたが…。しかし、多感な十代最後から二十代にかけて、あまり普通の人がその若さではいっぺんに体験しないような苦難の重なり具合で、自身の苦しさとしては、これから先それが一番の奮起剤になるだろうと思っていたのですが、実際は違うような気がします。

本人の苦悩なんてちっぽけと思う出来事…それが阪神大震災の直撃でした。

幸運な事に、激震区の割には何とか住処の破壊から免れ、親族や親友が…でもない…ので、その当時は震災以外の苦悩の方がキツかったのですが…

しかし、今となっては人生の苦境に立てば立つほど、震災の事が頭に浮かぶのです。

あの時、人生が終わっていても不思議ではなかったと。

漠然とではあるけども、生かされてるという感覚。この生まれ育った街を破壊され、そこから復活させる為に、生き残った自分達に何ができるか…

残された私達は、無駄に生きてはならないと、そう思った十代最後。

この思いは、辛い事が起きれば起きるほど、そして、05:46の時計の針の形を見るたびに…

そう、あの時に二回目の人生が始まったと言っても過言では無い、そんな感覚…

これが私にとっての奮起剤…と言うよりも、生かされている者の責任のような気がして、何とか踏みとどまれている気がします。

non_alcohol_bar05:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年08月28日

どうも、ITマスターです。

いきなりですが題名を見て、寂しい感情が先に立ったのなら、周りに翻弄される人生を送ってませんか?と問いかけたくなります。

手短にいうなら、人はそもそも独りなんです(笑)その中でどう周りと付き合っていくかというだけですから、いくら仲が深まろうとも、他人には違いない…

過剰な期待が寂しさや怒りにも変化するのです。

仲が深まれば深まるほど、他人に期待したりするのではなく、感謝する事です。決して期待しない事。

そうすれば、余計な揉め事から開放されますしね(笑)

non_alcohol_bar00:02コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
メンバーリスト