信用

2014年04月16日

どうもブルーパンダです。

もう、報道が加熱しまくってわけの分からない状態ですよね。

でも、それはネタとなるSTAP細胞があるのかどうかが、はっきりしないから…

と、よく報道されてます。

確かにそれは分かりますが、この件でメディアの「飛びついて持ち上げてから落として叩く」という、恥を忘れたいつもの手が、よぉ〜く分かりましたよね。

捏造するメリットが小保方氏にある?

こういう話は必ずメリットデメリットで考えれば…

成功はしたけど、他に取られる前に、若しくは国の補助金、法律絡みの話に間に合わせるために、無理に論文を書かせたから、あんな論文になった…という線を考えると、誰と誰にメリットがあったのか、何となく見えません?

そして上からの指示で何とか間に合わせの論文出したら、チェックもせずに通し、問題になったから、某上層部は小保方氏になすりつけた…

裏の経緯があったから、どこまで反論していいものか…となった小保方氏は歯切れの悪い会見となった…

なぜなら、某研究所を完全に敵に回すと自分の研究員人生が閉ざされるかもしれないと思ってるから…

若しくは、閉ざすぞ!と言われているから…

だからバカンティ教授は、研究員としての道を絶たれる心配を取り除くことで、本当のことを言えるように…とボストンに呼んでいるのでは?

こういうことをしてると、世紀の大発見の利益は海外に流れるんですよね…

そして、これから先の研究員も海外に流れる…

一部の保身者達のために…

という、筋書きもなくはないですよね?

小保方氏をメチャクチャに叩いてるメディアはそこまで考えているのでしょうかねぇ…

という私も、単なる憶測ですが…f^_^;

副センター長の会見でどうなるのかですね〜



non_alcohol_bar14:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年11月24日

面白いブログに出会いました。

本当その通りだと思います。

客観的と決断力のなさを混同している、和を乱さない事と、傷の舐め合いを混同している…そんなカッコつけがこの国には多くて困ります(笑)

その記事がこちらです↓

「AともいえるがBともいえる」とか言う人の役立たなさ - Chikirinの日記



non_alcohol_bar03:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年11月10日

最近のメニュー誤表示と言われる問題。

誤表示とか、変更するのを忘れていたとか、そんな言い訳が謝罪会見で通ると思ってる時点で、意図的な偽装だったことを証明してる様に見えてしまうんですよねえ…

また、一度出て来るとダチョウ倶楽部さんのギャグのように、あの企業もこの企業も一斉に手を上げて発表するのは、これだけ出て来たら、紛れこませて…ってことですよね(笑)

不誠実に不誠実を重ねる…。偽装して、それを誤表示と誤魔化そうとして、挙句に紛れこもうという…

配送業者もですが、冷たいままでお届けするっていうサービスだから…常温で配達してどうするの?経営が苦しいのは分かりますが、根幹揺るいだら…

今回は槍玉に上がってませんが、とある荷物を雑に扱うことで有名な配送業者も、世間では時間を守らないとか言われてますけど、その前に連絡しても無視するとか、忙しいから無理ですと言っちゃいます対応したりするのは…

いや、本当にそうなのは分かりますが、それなら会社として改善せねばならんことで、それを十数年改善しないのは、発送元に対しても受取側に対しても、最低限の客対応すら、やる気がないということですからねえ。

出来ないなら最初から出来ないと言えばいいのであって、出来ると言ってしないのは、これも偽装の一種ですよね。

きつく言えば詐欺ですよ。

この状態で、お、も、て、な、し、が出来るんでしょうか。

まあ振り返ると、人の命に関わる偽装建築なんてのもありましたからねえf^_^;



non_alcohol_bar12:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
プロフィール

ブルーパンダ

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
メンバーリスト